ステロイド 減量方法 体脂肪 減量方法 ボクシング 減量方法 レスリング 減量方法 体重 減量方法

2009年05月22日

レスリング 減量方法

レスリング 減量方法


レスリングにも試合前に計量があり、短い期間に減量を行わなければなりません。

特に中高生以下の選手には成長期過程でもあるため、減量を行うためには注意が必要です。

あまり、過激な減量は体調や成長に支障をきたしてしまうためです。

また、ダイエットピル利尿剤下剤などを利用した強引なダイエットも行われている現実があるようです。


無理な減量をしないためにも、成長期にある選手は日ごろからしっかりとした体重管理を行う必要があります。


出来れば、監督となる指導者と親も協力した上で管理をしてあげましょう。



レスリングの豆知識:
レスレイングは世界最古のスポーツと言われ、古代エジプトの遺跡に壁画が存在します。
【関連する記事】
posted by ken012 at 03:50| レスリング 減量方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

ステロイド 減量方法

ステロイド 減量方法


ステロイドによる減量方法という言葉を耳にしたので、ちょっと調べてみました。

ステロイドには筋肉の増強作用があるために、スポーツ選手での間で乱用さる問題がありました。

基本的に医師の処方箋によってのみ入手が可能な薬物です。

このステロイドがなぜ減量に使われるのかというと、ステロイドにより筋肉を強化することによって基礎代謝をあげることで減量できるためです。

スポーツ選手のステロイドの使用は禁止されるいますが、やはり使用者はあとをたちません。

また、ステロイドを乱用した結果の副作用はかなりのもので、個人差はありますが睾丸の萎縮、無精子症、抜毛、前立腺癌がんや肝臓がん、女性では体毛が濃くなったり、生理不順、乳がんなど様々です。


以上をみても、一時の記録の向上のために、ステロイドを使用してしまうのはあまりにリスクが多すぎるのが理解できると思いますし、私たち一般人の減量程度では使う必要は皆無であり、むしろリスクしかないと考えるべきですね。



posted by ken012 at 00:45| ステロイド 減量方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体重 減量方法

体重 減量方法


体重減量方法は、カロリーの摂取量をしっかりと管理すことです。

一般的な成人男性では、1日の必要な摂取カロリーは1800カロリー前後です。

ダイエットの場合は1400カロリーくらいを目標にするのがいいようです。


減量をするとエネルギーをつくるために脂肪や骨が使われます。

そのため、骨粗しょう症など心配があるためカルシウムはしっかりと摂取するように心がけましょう。

減量時に適した食物を例に挙げるので参考にしてください。


1.きのこ類はカロリーがほとんど無く栄養も豊富です。
2.こんにゃくはカロリーがなく食物繊維でお腹もそこそこ膨れます。
3.無脂肪の牛乳はカルシウム不足を回避
4.海藻類もカロリーがほとんど無くミネラルが豊富です。
5.ミカンはカロリーが低い上にビタミンを摂取できます。
6.納豆は多少カロリーがありますが、
  植物性タンパク質を取ることができるのでおすすめです。

posted by ken012 at 00:43| 体重 減量方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。